Close
 
 
 

環境の持続可能性

 
 

環境の持続可能性

当社では、事業全体及び広範なサプライチェーンにわたって、環境管理のベストプラクティスを追求し、グループの事業が自然環境に与える影響を低減することに全力で取り組んでいます。

 

環境への影響

サプライヤーには、自然環境に対する影響を特定し、理解するとともに、これを回避し、最小限に留めるための活動に積極的に取り組むことが求められます。

これには、実施可能な場合、環境ポリシー及び環境管理システムの整備が含まれます。

環境に対する影響には、大気、水、土壌及び森林への排出、材料の使用、天然資源の消費並びに廃棄管理慣行に関連する影響が含まれます(ただし、これに限りません)。

サプライヤーは、該当する場合には、森林伐採や生息地の分断化の防止、絶滅危惧種の保護といった生物多様性の保護についても考慮する必要があります。

 

パフォーマンスの管理

サプライヤーには、実施可能な範囲で、自社の環境パフォーマンスに関する記録の管理、監視、保存が求められます。

該当しかつ実現可能な場合、これには、環境に関する計画や目標の進捗状況を測定し、継続的な向上を促すために、キーとなる業績評価指標を設定することが含まれます。

 

環境配慮

サプライヤーには、自社製品の設計、生産過程、サービスの供与に環境配慮を統合することが期待されます。

該当する場合、これには、未加工材料や有限材料の使用削減や、材料をより長期にわたって使用するための廃棄物を生み出さない設計の採用による、循環経済への寄与が含まれます。

 

グループとの協力

当社は、当社の事業、製品及びサービスが環境に及ぼす影響を低減させることに努めています。そのためサプライヤーには、グループに対し、(要請がある場合には)自社の環境パフォーマンスに関する情報や合理的な支援を提供することが求められます。当社は、当社の事業、製品及びサービスが環境に及ぼす影響を低減させることに努めています。そのためサプライヤーには、グループに対し、(要請がある場合には)自社の環境パフォーマンスに関する情報や合理的な支援を提供することが求められます。

該当する場合、これには、次のものが含まれます(ただし、これに限りません)。

  • グループの製品に関するライフサイクル評価
  • グループの製品の廃棄物フットプリントに関するデータ及び情報
  • グループのスコープ3排出量に関する二酸化炭素排出削減計画.
 

スコープ3排出量とは?

持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)の温室効果ガス(GHG)プロトコルでは、二酸化炭素の排出量は3つのカテゴリー(スコープ)に分けられています。
  • スコープ1は、組織が所有又は管理する排出源からの直接排出を対象としています。
  • スコープ2は、組織が消費する購入電力、蒸気、温熱、冷熱の発電による間接排出を対象としています。
  • スコープ3には、購入物品・サービス等、組織のバリューチェーンにおいて発生するその他すべての間接排出が含まれます。
 

グループの連絡先