Close
 
 
 

企業資産の保護

 
 

企業資産の保護

我々は皆、自身に委ねられたグループの資産を保護し、適切に使用する責任を負っています。

 

会社の最善の利益となる行動

我々は、グループの資産が毀損、悪用、不正流用、浪費されたりしないことを徹底し、グループの資産が他者によって濫用又は不正流用された場合は、その旨を報告しなければなりません。

グループの資産には、物的財産・知的財産、資金、時間、専有情報、取引機会、備品及び設備が含まれます。

 

業務にあてる十分な時間の確保

我々は皆、自身の職責を全うするために十分な時間を業務にあてることが求められています。

就業中は仕事に全面的に集中し、業務を妨げない程度の適度な度合いを超えて個人活動に従事しないものとします。

 

資金の窃盗及び悪用からの防御

我々はグループの資金を守り、悪用、詐欺又は窃盗行為からこれを保護しなければなりません。費用、領収書、予算、及び請求書の請求は、正確に記載されており、遅滞なく提出する必要があります。

「グループの資金」とは、グループ会社に帰属する現金又は現金等価物を意味し、当社への前払金や、当社が持つ会社のクレジットカードを含みます。

従業員による詐欺又は窃盗行為は、解雇や告訴につながる可能性があります。

 

当社のブランド及びイノベーションの保護

我々は、グループ内で所有されているすべての知的財産を保護しなければなりません。

知的財産には特許、著作権、商標、意匠権及びその他の専有情報が含まれます。.

 

当社資産へのアクセスの厳重な管理

我々は、グループの資産を利用するために使われる可能性のある情報を保護しなければなりません。

会社の財産及びネットワークを利用するために使われるあらゆる情報は、常に安全に保管してください。このような情報には、会社建物への入退出カード、身分証明書、パスワード、パスコード等が含まれます。

 

第三者の資産の尊重

我々は次の行為を決して故意に行ってはなりません。
  • 第三者の物的財産を毀損、悪用又は不正流用すること
  • 第三者の権利を侵害し、有効な特許、商標、著作権又はその他の知的財産を侵害すること
  • 無許可で第三者のシステム又はリソースのパフォーマンスに悪影響を与える活動を行うこと

我々は、第三者の物的財産・知的財産を、我々が第三者に期待するのと同様に尊重する必要があります。

 

会社の備品の使用

我々は次に規定された場合や、会社のポリシー及び「Acceptable Use Policy(認可される使用に関するポリシー)」に沿って使用する場合を除き、会社の備品又は設備を個人的な活動のために使用してはなりません。

我々に支給された、又は使用を許可された会社の備品やシステムを限定的に、不定期に、又は偶発的に使用することは認められます。ただし、次の条件を満たす場合に限ります。

  • 合理的なものであり、かつ我々による職務の適切な遂行を妨げないこと
  • 当社のシステムの性能に悪影響を及ぼさないこと
  • いかなる違法な、又は不適切な目的も持たないこと

個人の電話やメール、インターネットを短時間、合理的な方法で使用することは許可されています。不適切とされる使用には、次のものが含まれます。

  • 中傷、名誉棄損、性差別、人種差別、わいせつ、俗悪又はその他人を不快にさせる内容のコミュニケーションを行うこと
  • 著作権やライセンスにより保護された資料又はその他の専有資料を不正に流布させること
  • (承認を受けたもの以外の)チェーンメール、宣伝又は勧誘を送信すること
  • 不適切なインターネットサイトにアクセスすること
 

グループの資産には、物的財産・知的財産、資金、時間、専有情報、取引機会、備品及び設備が含まれます。

 

相談窓口

  • 所属部門の部門長
  • 上級管理者
  • 現地のLEX Counsel
  • Head of Compliance: sobc@bat.com